読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年度の目標

お題「演奏できる楽器」

 

演奏できますよ、と人に話しても良いわよ、と師匠に言われたのはピアノ。

他はいろいろ触ればそこそこ鳴らすことはできたけども(筝、ギター、リコーダーや鍵盤ハーモニカなんてものもアリだ)、お許しをいただいていないので演奏できる、とは言わないようにしてる。

 

ピアノは5歳から習い始め、10歳で先生を変えた。

10歳から習った先生は「中学生で志がはっきりしている子しか教えたことがない」方だったので、私が小学生で初めての生徒だったそうだ。そして先にも後にも続けられた小学生はいなかったという話。

 

私は「ピアノで身を立てたい」という希望はなく「面白いからもっと極めたい」気持ちだけで弾いていた。先生は県下で3本指に入る「怖い先生」として有名だったので、音大生などは「えっ!あの怖い先生に習ってるの?!」と驚愕されたものだが、先生は私を一度も怒ったり泣かせたりしたことはなく、いつも大変和やかにレッスンしてもらっていたにも関わらず、レッスン前後の音大受験生が目の前で破門されたり怒られていたのは良く見ていた。

私と彼女たちの何が違うのか小学生のおつむでは全く分からなかったのだが、今はなんとなくわかる気がしている。

恐らく私は先生にとって「合格させなきゃいけないプレッシャーのない生徒」だったんだと思う。息抜きだ。

 

私にとっても、高校生になった頃はピアノはすっかり「息抜き」だった。受験生と言われる3年生でも演奏会に出ていたので、他の先生方から「どこの音大を受けるのか」と

尋ねられ「彼女は音大“になんか”行きませんよ」と先生がニヤリとしながら言い放っていたのが印象深い(J大受験すると先生には話していたが、偏差値から見ると断然上だったからかな)。

 

自分の結婚式には友達とセッションをしたし、また友人の結婚式で演奏したりもした。

しばらくピアノから離れていたが、来年度の目標の1つはピアノの練習を再開することだ。

「ピアノが弾ける人と結婚したい」と願いをかなえた夫にも長らく弾いてきかせていなかった。

そろそろ復活させても良い頃だと思っている。