読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論破したい。

先日、子供の学童でこんなことがあった。

学童の総会を開きたいという案内が「出張で不在だ(から学童を利用したい)」と連絡してある夫宛に届く。

私は夫宛の封書は開封しない。必要がないからだ。

出張から帰ってきた夫が内容を見て「もう終わってるから関係ないわ」と総会の案内を捨てた(模様)。2月に終わっちゃったみたいよ、という。

 

ところが、3月24日に学童から電話がかかってきた。

「22日に総会があったのにどうしてこないんですか。来年度の集金もしたかったのに」

ーは?2月に総会が“あったらしいね”と夫が言ってましたが

「それは案内を2月と3月間違えたんです。毎年総会3月にしてるでしょ?」

ー私今年度初めてそちら利用してるんですがね。そちらは毎年でもこっちは初めてですし、日を間違った訂正案内をどうして出さないんですか?

「それは毎年3月にやってるから当然わかるだろうということで…」

ーいや、今年初めてなのでそれは分かりませんね。それから集金については〇さん(架電者本人)に△日にお支払いして、領収書はないんですかと尋ねたらありませんとあなたがおっしゃいましたが。

「いえ、いただいてない…いえっ!いただいてました。すみませんすみません私のミスです」

ーあのー、大丈夫ですか?

「はいっ、すみません。間違えました。申し訳ありません。確かにいただいています。」

…と動揺し始めたのでこのあたりでやめておく。訂正しなかったのも連絡を寄越さなかったのもお金を受け取っているのに受け取っていないというのも完全にあちらのミスだ。そもそも「保護者の方へ」として封書を出すなり、プリントで配布していたら夫が「2月って書いてあったからポイ」なんてしなかっただろうに。

この田舎にありがちな「自分が知っているから相手も知っているだろう」「そのあたりの人に聞いて知っているだろう」な態度がすごく不愉快。

先日、学童を利用して迎えに行ったら、私の顔をみてぷんぷんにムクれていた。子供にあたるなよな、絶対。

 

まだある。

 

私はボランティアで小学生にスポーツ指導をしているのだが、そこに大層ひねこびた3人組がいる。4月から4年生だ。8歳反抗期だか9歳反抗期だからしいのだが、私の一挙手一投足がとにかく気に入らないらしくいちいちかみついてくるので、関わらないようにしている。先日アップの輪に入ってこないので「そこの4年、入りなさい」と必要最小限の声かけをしたら、一人が「は?4年ってだれ?」と言い出した。4月なので自分はまだ3年だと思ってたらしい。

ーあなた4年じゃないのね?

と尋ね返した瞬間、他の2人が「違うよ、4年だよ」とフォローするも、本人まだ気づかない(アホすぎる)。

ーじゃあ4年は入って。あなた4年じゃないんでしょ?

と一応ここで止めておく。4年じゃないと言い放った子も一緒に入ってきた。「なんであなた入ってるの?」「進級できなかったんでしょ、かわいそうに」「あなた、自分が何年生かもわからないなら相当重症だわ、お帰りなさい」などと言うことも可能なのだ。いつでも泣かせられるくらいの毒を大人は持ってる。ただ出さないだけだよ。ボランティアだからいつでも放りだせる指導だが、それをやらないのはこの3人組以外の子供たちがすこぶるかわいいからだ。

 

…それにしてもこの反抗期らしきもの、どうやって対応したらいいんでしょうね。束になってくるからほんとストレスたまる。論破したら泣くだろうしなー。泣かせていいのかなー。